つどい場 ゆいまーる たみきのつぶやき

共生社会に何ができるか日々模索行動中

父の日に父は旅立っていった

2年前の、父の日に、父は天国へ旅立った。

 

その日の午後、緩和ケア病棟の看護師さんが

一輪の黄色いカーネーションを花瓶に持って来てくださり

 

病室で過ごすものとしては、その気持ちがとても

ありがたかった。

 

その10日後に母も見送り

 

それからしばらく、無気力感におそわれた。

私は、何をしてきたんだろう。

福祉職、介護の職に携わり

自分なりに一生懸命やってきたつもりだった。

両親には、何もしてあげられなかった。

 

「あの選択でよかったのだろうか?」

2人の、終末期の治療方針についても

他に、もっといい方法があったのでは?

未だに答えは出ないまま。

心の底で後悔だけが残っている。

 

人と関わる仕事はもうできないと、したくないと思ったのに

もう一度、人と関わる仕事がしたいと思う自分がいる。

 

父の初盆の頃

緩和ケアで担当だった看護師さんからハガキが届いた。

 そこには、自分があれでよかったのか、力になれたのか?

考えています。といったような内容でした。

 

真摯に看護という仕事に取り組んでおられた

最期まで私たち家族に寄り添ってくれていたお顔を思い出す。

 

たぶん、看護も介護も

向き合えば向き合うほど

 

何が正解で、何が間違いなのかよりも

人が人として

どう向き合っているのかが

大事なのかもしれない。

 

「それでよかったよ」と自分にも

混乱した状況の中で、一番最善の選択ができたんだと

「よーくがんばったね」と言ってあげられるようになりたい。

 

 

 

おばちゃんパワー

両親がお店を営んでいた事もあり

店で働いていた 従業員のおばちゃんと

駅前にあった(と記憶してる)

しお湯の銭湯に入りに行ってた

 

しお湯では 海水だったのか

 

ことば通りの

しょっぱい塩味のお湯で

その他に覚えているのが

脱衣所に置いてあった水槽に

なぜか

ラニアが一匹いて

エサなのか 仲間食べなのか

金魚が食べられていた光景だけがおぼろげに浮かんでくる

 

 

なんで

いつも行っている美容室じゃなくて

商店街の

床屋さんで散髪することになったのか

 

できあがりの髪形見て

「こんな髪じゃ 明日学校に行けない」

お世話になってた親戚の家で

駄々をこねまくり

困った大人たち

 

そこにあの

しお湯仲間のおばちゃんが

駆けつけてくれた

 

その手に持参したものは

どう見ても

サザエさんに出てくるような

おばちゃんパーマの

クルンクルンの

 

カツラ

 

それを見た子どもがどんな反応したかは

想像通り

 

なぜか

大泣きした事は覚えているのに

次の日

どうやって

学校に行ったのかが

全く思い出せない 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

必要とされていることを

当初のオープンの予定は 3月26日だった、『つどい場 ゆいまーる』

 

物件契約し、内装工事スタートしたところで

発覚した物件の不都合が

どうしても

 

スルーできず

 

そこでのオープンを諦めました‥

ご近所の方、内装に関わってくれた業者の方

大変お世話になりました。

 

そして、物件を借りる事や、何かを始める時の

大変さを勉強させて頂きました。

 

次の日から、歩いて町の空き店舗や一軒家見て回ったり

ネットで探し、不動産屋さんに何軒も電話し

物件も見せてもらいました。

 

 

やっと、次の場所が決まりました。

二階まであります。

 

内装入る前に、イメージ図持って

明日保健所に事前相談行く予定です。

 

一階は、カフェ『ゆいまーる』

二階は、ちいき・せいかつサポート あや(予定)

として

 

生きるを支え合う

 

今の地域に必要とされている事を

みんなで作って行きたいと思います。

 

 大事なのは、これからですね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

パニック障害

最近、報道でも「パニック障害」を伝える事が多くなったような気がします。

 

私も、そうでした。

 

そうでした。

なのか    

そうです。なのかは 自分でもはっきりしませんが😅

 

それと言うのも、いろんな「普通」と「普通でない」一線って

生きていく中ではわかりにくいものです。

 

日常生活を普通におくるに、どれだけ社会生活に支障があるかどうかの 

割合によるのでしょうか?

 

普通に乗れていたのに、電車の移動も乗れなくなった時期は

きつかった。

 

高速バス、特急、新幹線はまず無理💦

各駅停車の電車なら、最悪、次の駅で降りる事ができると言い聞かせる

ひどい時は、各駅電車でも 動悸、息苦しさ、ヒア汗しながら乗ってました😅

 

都会と違って、在来線1時間に一本か良くて二本なのに

目の前に着いた乗りたい電車を乗れずに見送る時のみじめさ😆

発車と同時に電車から、慌てて降りたことも。

 

人それぞれ、改善方法や、治療法は違うと思うけれど

 

今は、特急、新幹線にもどうにか🌵乗って移動しています✨

 

人生の中、いろんな事があるものですね〜

これからも

良かったり、いろいろあるのかもしれません

 

ふとこんなの楽しいかもーと計画してみたいのが🤝

 

別に、治療という事でなくても、

一人で乗り物が怖い時や、不安と感じているメンバーも

チャレンジしたいメンバーで日帰り旅企画しても楽しそう。

 

各駅停車の旅からでも 良いですね〜

 

 

 

 

食べること、生きること

お店オープンの日を、前に今月3月26日とお伝えしていましたが

来月に延びそうです💦

 

今度は、はっきり決まったら再度お知らせさせていただきます🙇‍♀️

 

思いをかたちにしていく事が苦手だった私でも

実際に大工さんや業者さん達と打ち合わせしていくと

思っているイメージを言葉や文章で伝えないといけません😅

 

それどころか、まだ思い描いてなかったような事でも

自分の判断で決めないといけない事がひとつひとつ出てきます。

鍛えられますね😆

 

私が、一昨年、両親を10日違いで亡くした後

食べる事なんてどうでもよくなり

生きるために料理を作ることも嫌気がさし

ほんと生きる気力が出なかった時

 

そんな中で、食べたいと思えたのが

友人が1人で切り盛りしているお店の

手作りのお弁当でした。

 

ありがたかった‥

「生きるを支えてもらった」と今でも感謝しています。

 

今、カフェ「ゆいまーる」のメニューや食材を決めている作業の中

 

食べたり、話したりする中で

人生いろいろあっても「もう少し生きてみようかなー」と

思えるような

 

私がそう支えてもらったような

そんな場所になれるようにと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

起業へのいっぽ

またまた、ひと月ぶりの更新になりました。

 

「つどい場ゆいまーる」開くために

  とにかくする事が多い😵

 

保健所に飲食店開設の間取り条件などの相談に行き

物件も二転三転しましたが

MR 潜竜ヶ滝駅江迎町)の近くに決まりました。

 

不動産物件の契約も済ませ‥🏡

居抜きの物件で、できるだけそのまま使える所は使おうと

考えていたのですが、いろいろとアイデア立てていると

配置、間取りちょこちょこ変更が出てくるものなんですね〜

 

今まで、自分が住むところの引越しは何回も経験してきましたが、

お店を開くとなると🌵全然違うんですよね(あたりまえですね💦)

 

友人から「ちゃんと測って、ここに何を置くと見取り図作った方が良いけど!」

言われて、そんな事もしないで、大工さんと打ち合わせしようとしている

甘い自分に気づきました。

 

メジャーを持ち、物件の間取り一つ一つ測り、ノートに📔記し

全体の図を把握して、物の配置のイメージ案を書いていきました。

 

今まで、行き当たりばったり、その時のひらめきや、思いつきで

物事進めて、決めてきた自分のやり方に、プラス

しっかり、数字や図に見ていくやり方の大切さと意味を感じました📐

 

税務署に行き、

「つどい場 ゆいまーる」の屋号で個人事業主の開業届も提出📝

 

メニュー考案や、食材に仕入先の方へのあいさつ🤝

 

ご近所さんにも、少しづつごあいさつ。

初めて会う私に、みなさん応援に声かけてくださり

ほんとありがたい日々です🙇‍♀️

 

ちいさいちいさい、小商いの起業のチャレンジを準備している中で

 

しみじみ感じていることは

 

今まで、生きてきた中の、いろんな事が、

何一つ、ほんと当たり前でできていることはないんだという事

 

「生きているのでなくて、生かされていること」

 

いろんな事に 感謝を思い

 

起業する事で見えてくる現実のひとつひとつに向かいあっています🍀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素直になれたら

たいへん ご無沙汰しております🙇‍♀️

 

前の記事からひと月❄️

この間につどい場を新しく始める場所決めるのに

 

数件の不動産屋さんに電話や実際に物件の中を見せてもらったり💦

 

地元の神社や教会に お参りなど、ごあいさつしたり🍀

また物件🏡さがしたりと

動くと同時に、いろんな方と会っています

 

ほんとに 助けられ、励まされ、厳しいアドバイスをもらいながら

 

 「つどい場ゆいまーる」オープンを

 来月の 🌸3月26日にできるように準備してます🐣

 

「カフェ ゆいまーる」と

子どもたち から お年寄りまで寄れるいろんな企画

 

地域で顔と顔が見える小さなビジネス🌿小商いの可能性を

楽しみながら、いろんな人とつくっていきます

理念は 『自然と  いろんな世代の  いろんな個性の 共生』

 

 

以前働いていた職場の「わたし」は

いつも自分の納得できない働き方の職員さんにイライラしてました

 

「どうして この人 こんな仕事の仕方なんだろう」

「もっと  ちゃんと仕事してよ」

「なんで どうしてそうなのよ〜」

 

その職場を離れた今は、その時の自分を思うと

すごい 全身から納得いかないオーラ💨だしてたんだろうな〜

 

自分だけが がんばってる、正しい訳でもない すごい勘違い

    逆にそんな私と一緒に仕事してくれて

           「ありがとう」

 

    素直になれたら もっと 楽になれそうです

 

話は飛びましたが、とにかく また オープンに向けて動き

 

ご報告させていただきます🌵

 

最後まで読んでいただき   ありがとうございました